市販のカメラ本&雑誌で一眼レフが上達しない理由 - 初心者のカメラ通信講座【写真があっというまに上手くなる】

一眼レフカメラがあっという間に上達する。そんな通信講座をご紹介します。

HOME「市販のカメラ本&雑誌で一眼レフが上達しない理由」


今すぐ一眼レフカメラの腕を上達させたい。
そんな初心者におすすめの、自宅で学べるカメラ講座があります。

初心者でも短期間で、
楽に必要なテクニックが身につく有名写真家のカメラ講座とは?

詳しくは以下をご覧ください。

市販のカメラ本&雑誌で一眼レフが上達しない理由とは



一眼レフを購入したが、使い方がわからないので市販のカメラ教本や雑誌をいくつか買ってみたけれど、 よくわからないところが多いし、カメラも全然上達しない…。

そんなカメラ初心者、少なくありません。

市販のカメラ本や雑誌には、
魅力的なキャッチコピーとともに、カメラのテクニックがたくさん載っています。

見ているだけで、写真がうまく撮れそうな気がしてきますよね。

しかし実際には内容がよく理解できなかったり、
どのようにして実践に活かせばよいのかがわからず…。

テクニック本が溜まっていくだけで、全く上達しません。



カメラ本や雑誌には、非常に役立ちそうなカメラのノウハウがたくさん書いてあるのに、なぜ上達しないのでしょうか?

それは読む人の側、
本や雑誌を買われた人のスキルに問題があるのかもしれません。

カメラの基礎について理解していない人が読んでも無駄



カメラテクニックについての
ノウハウがかかれた本や雑誌を買ったとします。

そういった本や雑誌には、
○○を明るく撮るには、カメラの露出を…
動きの速い鳥を撮るときには三脚を用い、カメラのシャッタースピードを…
なんて具合に、カメラのテクニックや設定方法などが書かれています。



仮にあなたが、それなりにカメラの使い方を
熟知しているのであれば、書かれている内容は理解できるでしょう。

「○○を撮る場合は、このように設定すればよいのか」となるはずです。

しかしもしあなたが、
一眼レフカメラの機能や設定について全く無知であったとしたら?

このように設定すればよいと書いていたとしても、その意味が理解できなかったり、 多少理解はできたとしても、やり方がわからなかったりするのではないでしょうか?



市販されている多くのカメラ教本や雑誌には、
カメラ初心者には難しいと思われる専門用語がたくさん登場します。

用語の意味を分かっているのなら、書かれている内容も理解できますが、 そもそもカメラ初心者の多くは用語自体がわからないことが少なくありません。

言葉がわからないのに、書かれていることの意味がわかるはずもなく、 「難しくて無理」となってしまうのです。

多少カメラ用語がわかるとしても、
そのような用語を多用した説明を読むのは大変です。

ちょっとは読んで実践してみるけれど、 すぐに挫折してしまいます。



要は、初心者には難しすぎるんですよね。

たとえその本や雑誌が初心者向けを謳っていたとしても、
信じてはいけません。

初心者向けの本であっても、ある程度カメラを理解している方向けに書かれていることがほとんどだからです。



本や雑誌は安価ですが、
買っても活用できないのならお金を捨てているのと同じです。

それなら、最初からカメラ教室などへ通ったほうが無駄がありません。

本や雑誌では断片的な知識しか手に入らない



市販のカメラ教本や雑誌では、さまざまな特集が組まれています。

例えば紅葉の撮り方であったり、
人物撮影のコツ、スポーツを撮るためのノウハウ等々…。

多くの方が知りたいと思うのであろう、
カメラの知識やテクニックが掲載されています。

そういった本や雑誌に目を通すことで、
それなりに欲しい情報は得ることができるでしょう。

もともと、ある程度カメラの使い方がわかっている方であれば、実践で活かすこともできるはずです。



とはいえ本や雑誌では、それほど多くの情報を得ることはできません。

実際にカメラの本や雑誌を買われたことがある人ならわかると思いますが、 ああいう書籍に掲載されているのって、実はカメラのテクニックだけではありません。

カメラやレンズ、アクセサリーの新製品紹介であったり、
カメラ関連の広告やコラムなど、余計なものがたくさん掲載されています。

で、肝心の知りたいカメラのテクニックについては、ほんの少しだけ…。

カメラ関連の情報を総合的に楽しみたい人には、雑誌等は悪くありませんが、 単純にカメラの使い方を学んだり、上達させたい人にとっては無駄が多いんです。



本や雑誌は安価かもしれませんが、1冊の本で得られるカメラの知識はほんの少し。

もっと情報が知りたければ、
次号(次月)の本も買いましょうというわけです。

知りたい情報を断片的にしか手に入れられないので、
初心者がカメラのことを学ぶツールとしては効率がよくありません。

効率が良くないというのは、
無駄が多いということです。

それでも本や雑誌で学び続けますか?

カメラを効率的に上達させたい初心者へ



ここまで述べてきたように、市販されているカメラの教本や雑誌は、 初心者がカメラのことを学ぶツールとしてはあまり良いものではありません。

掲載されている情報が少なく、断片的にしかカメラの知識を学べないこと、 またそもそも初心者には難しすぎるという問題もあります。

結局、無駄になってしまうのですよね。



もしあなたが、カメラの使い方を基礎から学びたいと考えているのなら、当サイトでご紹介している 「一眼レフカメラ上達講座」を検討されてみてはいかがでしょうか。

このカメラ講座では、 カメラの基礎的な知識をはじめ、それを応用したカメラテクニックについてわかりやすくレクチャーしています。

一部のテクニックだけを説明している本や雑誌などとは異なり、
カメラについて一から十まで教えてくれる点が魅力です。

またレッスンでは難しい言葉は使わず、映像で分かりやすく教えてくれるため、カメラのことが何もわからない初心者でも問題ありません。

基礎知識だけでなく、プロならではのカメラテクニックを簡単に学べるため、 初心者でも短期間でカメラの腕を上達させることができます。

自宅で学べるという点も手軽です。



カメラの本や雑誌ではなかなか上達しないという方、 またカメラの勉強の仕方がさっぱりわからないという方にはうってつけの講座です。

どのようなことが学べるのか?については、講座ページにレッスン内容が詳しく掲載されていますので、 一度ご覧になってみてください。

その中身の濃さに驚かれると思いますよ。





Copyright (C) 2018 初心者のカメラ通信講座【写真があっというまに上手くなる】 All Rights Reserved. (運営者情報
TOP